読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

自作アプリの OS X 10.9 Mavericks 対応。Sprite Kit を使ったアプリケーション Neko version 1.0 公開。

Cocoa 自作 公開 プログラム mac Sprite Kit

久しぶりのブログ更新です。Retina ディスプレイ対応の iMac を待っていたのですが、当分なさそうなので、

15インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデル
製品番号: Z0PU 
ハードウェア 
2.3GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
16GB 1,600MHz DDR3L SDRAM
512GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
バックライトキーボード (JIS) + 製品マニュアル(日本語)

上記、15インチ MacBook Pro Retina を購入しました。ディスプレイが眩しすぎて、目が痛いです。輝度を調整したり、アプリを App Store で購入してみたのですが、慣れるしかないようです。


また、OS も OS X 10.9 Mavericks になったので、私が普段利用している自作アプリを対応させました。 個人的にビルドし直したり、公開していないものもありますが!

  • 動作に問題がない自作アプリ
YKCalendar
StripToString
HatenaDiaryAssistance
PocketLauncher
YKClock
DateMaker
IndexView2
ConvertPTC
Search2chBBS
Wordbook2
YKBookmarks
iYKRSSMac
YKeyes
Sakura


  • 2chScriptMenu

ruby のバージョンが

~ $ ruby --version
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [universal.x86_64-darwin13]

に変更になったので、正しく動作しません。それでソースの一部を修正しました。現在、問題なく動作しています。

  • PCG-LinkMac

Apple 純正の FTDI ドライバとメーカーの FTDI ドライバが衝突して USB・RS232C シリアルポート変換ケーブルを抜くとカーネルパニックが起きます。
対処方法は、下に別記載してあります。

  • AnimalCrossingDesign

Retina で開くと画像が正しく表示されません。Finder 上で AnimalCrossingDesign.app を右クリック( CTRL + 左クリック ) でメニューを表示し、'情報を見る' を選択、'低解像度で開く' に✔️を入れてください。これで再起動すれば、正しく表示されます。

以上の通りです。使っている人もいないと思うので、最新版をそれぞれ公開すべきか悩んでいます。


PCG-LinkMac 自体は、何の問題もなく動作します。ところが USB・RS232C シリアルポート変換ケーブルを抜くとカーネルパニックが起きます
Apple 純正の FTDI ドライバとメーカーの FTDI ドライバが衝突しているのが原因のようです。
それでメーカー製 FTDI ドライバをターミナル上で次のコマンドを使って削除してください。

~ $ cd /System/Library/Extensions/
/System/Library/Extensions $ sudo rm -R FTDIUSBSerialDriver.kext
Password:
/System/Library/Extensions $ sudo touch .
/System/Library/Extensions $


Apple 純正 FTDI ドライバ AppleUSBFTDI.kext は、/System/Library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/PlugIns フォルダにあります。

~ $ cd /System/library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/Plugins/
/System/library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/PlugIns $ ls
AppleUSBCDC.kext		AppleUSBMergeNub.kext
AppleUSBCDCACMControl.kext	AppleUSBOHCI.kext
AppleUSBCDCACMData.kext		AppleUSBOpticalMouse.kext
AppleUSBCDCDMM.kext		AppleUSBUHCI.kext
AppleUSBCDCECMControl.kext	AppleUSBVideoSupport.kext
AppleUSBCDCECMData.kext		AppleUSBXHCI.kext
AppleUSBCDCEEM.kext		IOUSBCompositeDriver.kext
AppleUSBCDCWCM.kext		IOUSBHIDDriver.kext
AppleUSBEHCI.kext		IOUSBHIDDriverSafeBoot.kext
AppleUSBFTDI.kext		IOUSBLib.bundle
AppleUSBHub.kext		IOUSBUserClient.kext
/System/library/Extensions/IOUSBFamily.kext/Contents/PlugIns $ 


後、コマンドラインツールをインストールするには、ターミナル上で

~$ xcode-select --install
~$ sudo xcodebuild -license

を実行するとインストールできます。


Java のインストールは Java 6 のアプリを起動すると Java 6 パッケージをインストールするか尋ねてきます。また Java 7 アプリを起動すると Java 7 パッケージをインストールすることができます。


以前から試してみたかった Sprite Kit に挑戦してみました。衝突処理を物理演算として処理するのには驚きました。

最初に

Sprite Kit Programming Guide: About Sprite Kit
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/GraphicsAnimation/Conceptual/SpriteKit_PG/Introduction/Introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40013043

の Jumping into Sprite Kit

Sprite Kit Programming Guide: Jumping into Sprite Kit
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/GraphicsAnimation/Conceptual/SpriteKit_PG/GettingStarted/GettingStarted.html#//apple_ref/doc/uid/TP40013043-CH2-SW1
▼Jumping into Sprite Kit

を試して基本を理解しました。


サンプル3つ

code:Explained Adventure: Introduction
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/GraphicsAnimation/Conceptual/CodeExplainedAdventure/AdventureArchitecture/AdventureArchitecture.html#//apple_ref/doc/uid/TP40013140

SpriteKit Physics Collisions
https://developer.apple.com/library/mac/samplecode/SpriteKit_Physics_Collisions/Introduction/Intro.html#//apple_ref/doc/uid/DTS40013390

Sprite Tour
https://developer.apple.com/library/mac/samplecode/Sprite_Tour/Introduction/Intro.html#//apple_ref/doc/uid/DTS40013389

も参考になります。特に

code:Explained Adventure: Introduction
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/GraphicsAnimation/Conceptual/CodeExplainedAdventure/AdventureArchitecture/AdventureArchitecture.html#//apple_ref/doc/uid/TP40013140

は、本格的なアドベンチャーゲームです。ソースの解説も上記 URL にあります。


Xcode での Particle Emitter 作成方法は

Particle Emitter Editor Guide: About the Particle Emitter Editor
https://developer.apple.com/library/ios/documentation/IDEs/Conceptual/xcode_guide-particle_emitter/Introduction/Introduction.html

が参考になります。


SKEffectNode、CIFilter の使い方は

Sprite Kit Programming Guide: Working with Other Node Types
https://developer.apple.com/library/ios/documentation/GraphicsAnimation/Conceptual/SpriteKit_PG/OtherNodeClasses/OtherNodeClasses.html#//apple_ref/doc/uid/TP40013043-CH10-SW20
▼Working with Other Node Types
	▼Effect Nodes Apply Special Effects to Their Descendants

Core Image Filter Reference
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/GraphicsImaging/Reference/CoreImageFilterReference/Reference/reference.html

が参考になります。CIFilter を NSLog で直接表示すると

- (CIFilter *)spotLightFilter
{
    CIFilter *filter = [CIFilter filterWithName:@"CISpotLight"]; // 3
    [filter setDefaults];
    NSLog(@"%@", [filter attributes]);
    [filter setValue:[NSNumber numberWithFloat:10.00] forKey:@"inputBrightness"];
    [filter setValue:[CIVector vectorWithX:150 Y:150 Z:300] forKey:@"inputLightPosition"];
//    [filter setValue:[CIVector vectorWithX:0 Y:0 Z:0] forKey:@"inputLightPointsAt"];
    return filter;
}


2013-12-08 21:18:50.725 SpriteKitGuide[14458:303] {
    CIAttributeDescription = "Applies a directional spotlight effect to an image.";
    CIAttributeFilterCategories =     (
        CICategoryStylize,
        CICategoryVideo,
        CICategoryStillImage,
        CICategoryBuiltIn
    );
    CIAttributeFilterDisplayName = "Spot Light";
    CIAttributeFilterName = CISpotLight;
    CIAttributeReferenceDocumentation = "http://developer.apple.com/cgi-bin/apple_ref.cgi?apple_ref=//apple_ref/doc/filter/ci/CISpotLight";
    inputBrightness =     {
        CIAttributeClass = NSNumber;
        CIAttributeDefault = 3;
        CIAttributeDescription = "The brightness of the spotlight.";
        CIAttributeDisplayName = Brightness;
        CIAttributeIdentity = 1;
        CIAttributeMin = 0;
        CIAttributeSliderMax = 10;
        CIAttributeSliderMin = 0;
        CIAttributeType = CIAttributeTypeDistance;
        CIUIParameterSet = CIUISetBasic;
    };
.
.
.
    inputImage =     {
        CIAttributeClass = CIImage;
        CIAttributeDescription = "The image to use as an input image. For filters that also use a background image, this is the foreground image.";
        CIAttributeDisplayName = Image;
        CIUIParameterSet = CIUISetBasic;
    };
    inputLightPointsAt =     {
        CIAttributeClass = CIVector;
        CIAttributeDefault = "[200 200 0]";
        CIAttributeDescription = "The x and y position that the spotlight points at.";
        CIAttributeDisplayName = "Light Points At";
        CIAttributeType = CIAttributeTypePosition3;
        CIUIParameterSet = CIUISetBasic;
    };
    inputLightPosition =     {
        CIAttributeClass = CIVector;
        CIAttributeDefault = "[400 600 150]";
        CIAttributeDescription = "The x and y position of the spotlight.";
        CIAttributeDisplayName = "Light Position";
        CIAttributeType = CIAttributeTypePosition3;
        CIUIParameterSet = CIUISetBasic;
    };
    outputImage =     {
        CIAttributeClass = CIImage;
    };
}

と詳しい解説が見れます。


SpriteKit を学んだ集大成として自作アプリ Neko を作成してみました。実行画面は

です。

Neko を下記 URL で公開します。ソースは要望があれば公開します。

Sprite Kit を使ったアプリケーション。
Neko version 1.0
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Neko.zip

注意) "Neko は開発元が未確認のため開けません" と表示される場合、Finder 上で Neko を右クリック (CTRL + 左クリック) し、表示されたメニューから ’開く’ を選択してください。ダイアログが表示されるので、'開く' ボタンをクリックすれば、アプリケーションが実行できるはずです。