読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

OS X 10.9 Mavericks 上での Go インストール方法。CotEditor 用 Go 言語シンタックスカラーリング定義ファイル Go.plist と Go で作った初めてのプログラム zlist.go 公開。

iPhone 6、iPhone 6 Plus が発売され、10月16日10時 (現地時間) のスペシャルイベントでは、新型iPadMacOS X Yosemite も発表されました。特に、27 インチ iMac Retina 5K ディスプレイモデルは、15インチMacBook Pro Retina ディスプレイモデルを所有していなかったら、すぐにでも手に入れたいですね!

OS X 10.10 Yosemite も、早速 MacBook Pro Retina にインストールしました。ただし、残り1分の表示から1時間かかりました。Homebrew などで /usr/local にデータをインストールしていると残り1分の表示から1、2時間かかるようです。


もうすぐ iOS 8.1 も公開されます。拙作 iYKRSS は、iPhone 6、 iPhone 6 Plus に対応する予定です。しばらくお待ちください。

Docker - Build, Ship, and Run Any App, Anywhere
https://www.docker.com/

Linux コンテナ管理ソフトウェア Docker の開発に使用されているプログラミング言語 Go に以前から興味を持っていました。


Amazon で洋書を探してみると

Programming in Go: Creating Applications for the 21st Century (Developer's Library)

Programming in Go: Creating Applications for the 21st Century (Developer's Library)

Programming in Go: Creating Applications for the 21st Century (Developer's Library) [Kindle Edition]
Mark Summerfield (Author)

上記本が良さそうなので購入してみました。読み終えた感想は、struct フィールドの tags 利用方法、defer の解説など説明不足のところもあります。結局、

Documentation - The Go Programming Language
http://golang.org/doc/
References

を参照したり、Go のパッケージソースを参考にしました。


Mac に Go をインストール方法は、2通りあります。(残念ながら OS X 10.9 Mavericks 上での説明になります。)

最初は、

Homebrew — The missing package manager for OS X
http://brew.sh/

Homebrew を使って、

$ brew install go	

上記コマンドを実行してインストールする方法です。

.bash_profile ファイル

export GOPATH=$HOME/go
export GOROOT=/usr/local/opt/go/libexec
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin:$GOROOT/bin

に上記内容を追加してください。

$GOPATH は、

~ $ go get -u github.com/jessevdk/go-flags

上記コマンド go get を使って、github にあるパッケージをインストールするフォルダを指定するのに使います。この場合 go-flags パッケージを $GOPATH にインストールしています。go-flags を利用するには、ソースに

import (
  "github.com/jessevdk/go-flags"
)

上記のように import 宣言する必要があります。

後、コマンド godoc をインストールするには mercurial が必要なので

~ $ brew install hg

上記コマンドで hg をインストールしてください。

~ $ go get code.google.com/p/go.tools/cmd/godoc

上のコマンドを実行すると $GOROOT/bin に godoc コマンドがインストールされます。godoc の使い方は

~ $ godoc fmt

この場合は fmt パッケージのドキュメントが表示されます。Safari などでドキュメントを見たい場合は、

~ $ godoc -http=:8080

上記コマンドを実行し、Safarihttp://localhost:8080 にアクセスしてください。

コマンド vet は

~ $ go get code.google.com/p/go.tools/cmd/vet

上記のようにインストールしてください。

$ go vet zlist.go

vet 単独コマンドではなく、上記のように利用してください。


基本的に Go では import するパッケージは $GOPATH/src に置くことになります。

export GOPATH=$HOME/go:$HOME/Desktop/Book\ Sample/goeg

のように : で分けて複数のパスを宣言することもできます。

export GOPATH=path

なら

path/ + src/ + shaper1/   + shape1.go
             |            |
             |            + shapes/        + shapes.go
             |                 
             + safemap/   + safemap.go 


main プログラム shape1.go から shapes/shapes.go、safemap/safemap.go パッケージを利用するには

import (
    "shaper1/shapes"
     "safemap"
)

と宣言する必要があります。もちろん、main プログラムが $GOPATH 以外にあるときもパッケージを利用するには、上記のように宣言します。


もう一つの Go のインストール方法は、

Getting Started - The Go Programming Language
http://golang.org/doc/install

を参考に

Downloads - The Go Programming Language
https://golang.org/dl/

から、

go1.3.3.darwin-amd64-osx10.8.tar.gz	Archive	OS X 10.8+	64-bit
go1.3.3.darwin-amd64-osx10.8.pkg	Installer	OS X 10.8+	64-bit	

上記バイナリパッケージ、どちらかをダウンロードし、

go1.3.3.darwin-amd64-osx10.8.tar.gz の場合、ターミナルで

~ $ tar -C /usr/local -xzf ~/Downloads/go1.3.1.darwin-amd64-osx10.8.tar.gz 

上記コマンドを実行してインストールしてください。

go1.3.3.darwin-amd64-osx10.8.pkg	Installer	OS X 10.8+	64-bit	

go1.3.3.darwin-amd64-osx10.8.pkg の場合は、Finder 上でダブルクリックしてインストールしてください。

.bash_profile に

export GOPATH=$HOME/go
export GOROOT=/usr/local/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin:$GOROOT/bin

を設定してください。バイナリパッケージは /usr/local/go にインストールされます。


Go についての感想は、すべてのオブジェクトを interface{} で表したり、クラスや継承がサポートされなかったり、また、ソースや Reference の読み方に慣れるまで苦労しました。

struct フィールドの tags の理解するのにパッケージソースを参考にしました。パッケージのソースは $GOROOT/src/pkg にあります。

tags の理解には、$GOROOT/src/pkg/reflect/type.go の

763行目
func (tag StructTag) Get(key string) string {

が参考になります。

peco/peco · GitHub
https://github.com/peco/peco

Bash - pecoの基礎の基礎 - Qiita
http://qiita.com/xtetsuji/items/05f6f4c1b17854cdd75b

上記サイトも Go プログラミングがどんなものか理解するのに役立ちました。


Go のパッケージソースにメモを付けたいので、必要なソースを PDF 化する時に CotEditor

CotEditor -Text Editor for OS X
http://coteditor.github.io/

を利用しました。PDF 書類にメモを書き込むには、Apple 純正の 'プレビュー' を使っています。Go の文法をハイライトするために、Go のシンタックスを色分けするシンタックスカラーリング定義ファイル Go.plist を作成しました。Go で初めて作ったプログラム zlist.go と一緒に下記 URL

CotEditor 用の Go 言語シンタックスカラーリング定義ファイル Go.plist と
 Go で作った初めてのプログラム zlist.go 公開。

http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/go_example.zip


で公開します。メニュー/CotEditor/環境設定の 'フォーマット' タブで

上図のようにウインドウ一番下、中央のギアアイコンから、'読み込み...' を選択し、上記 URL に含まれる Go.plist を選んでください。

シンタックスカラーを Xcode に近づけるため

上図のようにシンタックスカラーリングを変更すると見やすくなります。


いろいろなテキストエディタシンタックスカラーリングファイルは

$GOROOT/misc

にあります。


以前は、ソースの PDF 化には、mi

mi - テキストエディタ
http://www.mimikaki.net/

を使っていたのですが、デフォルトのシンタックスカラーリング対応言語が少ないのであきらめました。また、Mac App Store から Jedit X Plus を購入して使用しているのですが、'メニュー/ファイル/ページ設定...' で拡大縮小を設定し、'メニュー/ファイル/プリントで PDF 化する' を選択すると、ページごとに縮小してしまい、思ったように縮小してくれません。その点、CotEditor は、全体を問題なく縮小してくれます。


シンタックスカラーリング作成には Kate の go.xml が参考にしやすいです。XcodeVim、Kate などいろいろ試しましたが、PDF 化には CotEditor が一番使いやすいです。


Xcode の場合、

$GOROOT/misc/xcode/4/go4xcode.sh

を実行すれば良いのですが、Mac App Store から Xcode をダウンロードした場合、Xcode の所有権が root になっています。Homebrew を使って Go をインストールした場合は、go4xcode.sh ファイルの先頭、 set -e の後に

GOROOT=/usr/local/opt/go/libexec

を追加し、また、バイナリパッケージを使ってインストールした場合は、

GOROOT=/usr/local/go

を追加してください。その後、下記のように sudo ./go4xcode.sh を実行してください。

~ $ cd $GOROOT/misc/xcode/4
/usr/local/opt/go/libexec/misc/xcode/4 $ sudo ./go4xcode.sh 
Password:
Backing up plugindata file (copied to DVTFoundation.xcplugindata.bak).
Adding Go language specification entry.
Installing Go language specification file for Xcode.
Run 'sudo rm -rf /var/folders/*' and restart Xcode to update change immediately.
Syntax coloring must be manually selected from the Editor - Syntax Coloring menu in Xcode.
/usr/local/opt/go/libexec/misc/xcode/4 $ 

上記説明にあるように、

/usr/local/opt/go/libexec/misc/xcode/4 $ sudo rm -rf /var/folders/*

を実行し、Xcode を起動します。
Xcode で Go のソースファイルを開いた後、メニュー/Editor/Syntax Color/Go を選ぶとシンタックスがカラーリングされます。Go ファイルを開いても自動でカラーリングされないので注意してください。


Vim の場合、

macvim - Vim for the Mac - Google Project Hosting
https://code.google.com/p/macvim/

ターミナル上で vim を使用するのも良いのですが、折角なので、上記 URL から MacVim をダウンロードしました。設定は共通のようです。

インストールされた Go の

$GOROOT/misc/vim/syntax/go.vim 

にある go.vim

~/.vim/ftdetect/go.vim:

にコピーするとシンタクスカラーリングされます。


しかし、Vim には、プラグイン管理ツール neobundle.vim があるので、こちらを利用する方がお勧めです。

Shougo/neobundle.vim · GitHub
https://github.com/Shougo/neobundle.vim

インストールするには

~ $ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/neobundle.vim/master/bin/install.sh | sh

を実行し、スクリプトを実行すると下記内容

Please write NeoBundle initial setting to your vimrc path ...

"NeoBundle Scripts-----------------------------
if has('vim_starting')
  set nocompatible               " Be iMproved

  " Required:
  set runtimepath+=/Users/yoshiaki/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

" Required:
call neobundle#begin(expand('/Users/yoshiaki/.vim/bundle'))

" Let NeoBundle manage NeoBundle
" Required:
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

" My Bundles here:
NeoBundle 'Shougo/neosnippet.vim'
NeoBundle 'Shougo/neosnippet-snippets'
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'
NeoBundle 'kien/ctrlp.vim'
NeoBundle 'flazz/vim-colorschemes'

" You can specify revision/branch/tag.
NeoBundle 'Shougo/vimshell', { 'rev' : '3787e5' }

" Required:
call neobundle#end()

" Required:
filetype plugin indent on

" If there are uninstalled bundles found on startup,
" this will conveniently prompt you to install them.
NeoBundleCheck
"End NeoBundle Scripts-------------------------

が表示されます。

"NeoBundle Scripts-----------------------------

の次の行から

"End NeoBundle Scripts-------------------------

の上の行まで、ファイル .vimrc としてホームディレクトリに保存します。


次に、下記のようにターミナルで vim を実行するとパッケージをインストールするか聞いてくるので y を選択してください。

~ $ vim
Not installed bundles:  ['vimshell', 'ctrlp.vim', 'vim-colorschemes', 'vim-fugitive', 'neosnippet.vim', 'neosnippet-snippets']
Install bundles now?
(y)es, [N]o: y


Go の Vim プラグイン、ファイラーなど

Shougo/unite.vim · GitHub
https://github.com/Shougo/unite.vim
vimfiler.vim をインストールするのに unite.vim が必要。

Shougo/vimfiler.vim · GitHub
https://github.com/Shougo/vimfiler.vim

fatih/vim-go · GitHub
https://github.com/fatih/vim-go

をインストールします。

~/.vimrc ファイルの

" My Bundles here:
NeoBundle 'Shougo/neosnippet.vim'
NeoBundle 'Shougo/neosnippet-snippets'
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'
NeoBundle 'kien/ctrlp.vim'
NeoBundle 'flazz/vim-colorschemes'

の次に

NeoBundle 'Shougo/unite.vim’
NeoBundle 'Shougo/vimfiler.vim’
NeoBundle 'fatih/vim-go'

github.com の ’名前/パッケージ名’ を追加し、Vim を起動すると

~ $ vim 
Not installed bundles:  ['unite.vim', 'vimfiler', 'vim-go']
Install bundles now?
(y)es, [N]o: y

と聞いてくるので y を選択してください。これで終了です。Finder 上で MacVim をダブルクリックし、:VimFiler (:Vim と入力した後、Tab キーを押してください。補完されます。) と入力して Return キーを押します。ファイラーが起動します。カーソルキーと Return キーで移動し、編集したい Go ソースファイル名で e キーを押してください。シンタクスカラーリングされているはずです。:q で終了です。


Kate の場合、

Kate は、KDE が必要なので、Paralells Desktop 10 上に

Main Page - Linux Mint
http://www.linuxmint.com/

から

Download - Linux Mint
http://www.linuxmint.com/download.php

KDE	32-bit	64-bit	An edition featuring the KDE desktop	 Yes

KDE 64-bit 版をダウンロードしインストールしました。

Mac

$GOROOT/misc/kate/go.xml

ファイル go.xml を Mint 側のデスクトップにコピーし、

Linux Mint 側の

~/.kde/share/apps/kate

フォルダに syntax フォルダ作成し、デスクトップの go.xml ファイルを ~/.kde/share/apps/kate/syntax にコピーします。

~/.kde/share/apps/kate $ mkdir syntax
~/.kde/share/apps/kate $ cp ~/Desktop/go.xml syntax/

これで、Kate で Go ソースファイルを開くと Go のシンタックスがハイライトされます。