読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

拙作 iPhone 用 RSS リーダー iYKRSS、iPad 用 RSS リーダー iYKRSSHD 無料公開、 iOS 用 Twitter アプリ作成方法

ちょっと宣伝です。拙作 RSS リーダー iYKRSS を iPhone 5 スクリーンで表示できるようにしました。また、iPadRSS リーダー iYKRSSHD を Retina ディスプレイに対応しました。

あらかじめ登録された芸能人ブログリストから RSS フィードを簡単に選ぶことができるので、RSS リーダーを使ったことがない初心者にもお勧めです。

iYKRSS、iYKRSSHD 共に無料です。ただし、iYKRSSHD は、9月になると 85 円に戻ります。iPhoneiPod touchiPad を持ってる人は、良かったら試しにダウンロードしてみてください。

使い方がわからない人は、気軽にコメントに書き込んでください。返事は、遅れるかもしれないのでご了承ください。

iYKRSS version 1.0.4
http://appstore.com/yoshiakikoyama/iykrss

iYKRSSHD version 1.0.2
http://appstore.com/yoshiakikoyama/iykrsshd


随分遅れましたが、前回、予告した iOS 用 Twitter アプリ作成方法を説明したいと思います。私自身、良く理解していない部分もあるので、間違いもあるかもしれません。

基本的に、下記 URL の REST API v1.1 を

REST API v1.1 Resources | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1

使って Twitter のタイムライン情報などを取得します。REST API v1.1 を前回説明した GET、POST で送信するのですが、

Authorizing a request | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/auth/authorizing-request

上記、URL の

POST /1/statuses/update.json?include_entities=true HTTP/1.1
Accept: */*
Connection: close
User-Agent: OAuth gem v0.4.4
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Authorization: 
        OAuth oauth_consumer_key="xvz1evFS4wEEPTGEFPHBog", 
              oauth_nonce="kYjzVBB8Y0ZFabxSWbWovY3uYSQ2pTgmZeNu2VS4cg", 
              oauth_signature="tnnArxj06cWHq44gCs1OSKk%2FjLY%3D", 
              oauth_signature_method="HMAC-SHA1", 
              oauth_timestamp="1318622958", 
              oauth_token="370773112-GmHxMAgYyLbNEtIKZeRNFsMKPR9EyMZeS9weJAEb", 
              oauth_version="1.0"
Content-Length: 76
Host: api.twitter.com

status=Hello%20Ladies%20%2b%20Gentlemen%2c%20a%20signed%20OAuth%20request%21

のように、認証情報 (上の Authorization: OAuth の部分) が必要です。OAuth を使って取得する必要があります。

しかし、iOS の場合、

 Using Reverse Auth | Twitter Developers
 https://dev.twitter.com/docs/ios/using-reverse-auth

Reverse Auth を使って OAuth の情報を取得できます。取得の仕方は、

 seancook/TWReverseAuthExample · GitHub
 https://github.com/seancook/TWReverseAuthExample

を参考にした拙作サンプル

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれています。 KeyDefines.h の

#define TWITTER_CONSUMER_KEY    @""
#define TWITTER_CONSUMER_SECRET @""

を設定してください。Consumer key、Consumer secret を使うには、

Twitter Developers
https://dev.twitter.com/

にログインして、自分のアイコンをクリックして表示されるメニューから 'My applications' を選び、'Create a new application' ボタンをクリックして My application を作成する必要があります。

Sign in with your Twitter account | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/apps

作成した application を選べば、Consumer key、Consumer secret は表示されます。

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

の TSViewController.m の Reverse Auth を呼び出している部分は、

TSViewController.m

- (void)awakeFromNib {
    __unsafe_unretained TSViewController *me = self;

    _accountStore = [[ACAccountStore alloc] init];
    _apiManager = [[TWAPIManager alloc] init];
    ACAccountType *twitterType = [_accountStore accountTypeWithAccountTypeIdentifier:ACAccountTypeIdentifierTwitter];
    
    _accounts = [_accountStore accountsWithAccountType:twitterType];
    _account = [_accounts objectAtIndex:0];

    
    NSLog(@"%@", _account);
    
    NSLog(@"identifier: %@", _account.identifier);
    NSLog(@"username: %@", _account.username);

    
    if ([TWITTER_CONSUMER_KEY isEqualToString:@""]) {
        NSLog(@"TWITTER_CONSUMER_KEY=\"\"");
        [self requestApiTimeline:self];
//        [self requestApi:me];

    } else {
        [_apiManager performReverseAuthForAccount:_account withHandler:^(NSData *responseData, NSError *error) {
            if (responseData) {
                NSString *responseStr = [[NSString alloc] initWithData:responseData encoding:NSUTF8StringEncoding];
                NSArray *parts = [responseStr componentsSeparatedByString:@"&"];
                me.reverseAuth = [NSMutableDictionary dictionary];
                
//            NSLog(@"%@", responseStr);
                
                for (NSString *line in parts) {
                    NSArray *array = [line componentsSeparatedByString:@"="];
                    [me.reverseAuth setObject:array[1] forKey:array[0]];
                }
                
//            NSLog(@"%@", me.reverseAuth);
//
                [me requestApi:me];
//                [me requestRawApi:me];
            }
        }];
    }
}

[_apiManager performReverseAuthForAccount:_account withHandler:^(NSData *responseData, NSError *error) { です。

_apiManager に引数、ACAccount *account と最終的に呼ばれるブロックを渡し、performReverseAuthForAccount: withHandler: メソッドを呼ぶと

Using Reverse Auth | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/ios/using-reverse-auth

の最後にある下部

oauth_token=2311112785-EXKeLV5ezo3HHIaIf1T3ffeww0mR5dfYXKZjjRy0&oauth_token_secret=KYxxxxx3U4Fxrxva3BGD92--12ehEzFwQ&user_id=38895958&screen_name=theseancook

のような、oauth_token、oauth_token_secret、user_id、screen_name を NSData *responseData で返してくれます。ここで重要なのは、user_id を返してくれることです。実は、Reverse Auth を使わなくても、タイムラインを表示することができます。

    if ([TWITTER_CONSUMER_KEY isEqualToString:@""]) {
        NSLog(@"TWITTER_CONSUMER_KEY=\"\"");
        [self requestApiTimeline:self];
//        [self requestApi:me];

上の部分が TWITTER_CONSUMER_KEY が設定されていない場合、Reverse Auth を使わないでタイムラインを表示しています。

ただし、他の REST API v1.1 を使用するためには user_id が必要になってきます。

後は、簡単です。アップルが用意したフレームワークの SLReuest を使って Twitter API v1.1 を呼び出す汎用 API

- (void)performTwitterRequestAccount:(ACAccount *)account Method:(SLRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TwitterRequestHandler)completion

です。

- (void)requestApi:(id)sender {

//    url = [NSURL URLWithString:@"http://192.168.1.6:9090/1.1/lists/list.json"];
    url = [NSURL URLWithString:@"https://api.twitter.com/1.1/lists/list.json"];
//    dict = @{@"user_id" : @"00000000"}; // user_id を設定してください
    dict = @{@"user_id" : [self.reverseAuth objectForKey:@"user_id"]}; // TWITTER_CONSUMER_KEY を設定していないと使えません。

    [self performTwitterRequestAccount:_account Method:SLRequestMethodGET URL:url parameters:dict completion:^(NSArray *json, NSURLResponse *response, NSError *error) {

        NSLog(@"===< List >===");
//      NSLog(@"%@", json);
        
        for (NSDictionary *list in json) {
            NSString *text = [NSString stringWithFormat:@"<%@>\n  list_id:%@\n  slug:%@",[list  objectForKey:@"uri"],[list  objectForKey:@"id"],[list  objectForKey:@"slug"]];
            NSLog(@"%@", text);
        }
    }];

で、- (void)performTwitterRequestAccount:(ACAccount *)account Method:(SLRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TwitterRequestHandler)completion を呼び出しているのがわかると思います。この場合、自分のリストを表示しています。

 url = [NSURL URLWithString:@"http://192.168.1.6:9090/1.1/lists/list.json"];

を有効にして、前回の GET、POST のように SLRequest がどんなデータをサーバーに送信しているのか確認することができます。

まず、ターミナルで

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれる server.rb を実行します。その後、TSTwitter.xcodeproj を開き、ツールバー上 Run ボタンをクリックします。画面が現れプログラムが起動し終えたら、Stop ボタンを押します。ターミナル上に実際の SLRequst がサーバーに送るデータが下図のように表示されます。

上図より、

Authorizing a request | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/auth/authorizing-request

上記 URL の

POST /1/statuses/update.json?include_entities=true HTTP/1.1
Accept: */*
Connection: close
User-Agent: OAuth gem v0.4.4
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Authorization: 
        OAuth oauth_consumer_key="xvz1evFS4wEEPTGEFPHBog", 
              oauth_nonce="kYjzVBB8Y0ZFabxSWbWovY3uYSQ2pTgmZeNu2VS4cg", 
              oauth_signature="tnnArxj06cWHq44gCs1OSKk%2FjLY%3D", 
              oauth_signature_method="HMAC-SHA1", 
              oauth_timestamp="1318622958", 
              oauth_token="370773112-GmHxMAgYyLbNEtIKZeRNFsMKPR9EyMZeS9weJAEb", 
              oauth_version="1.0"
Content-Length: 76
Host: api.twitter.com

status=Hello%20Ladies%20%2b%20Gentlemen%2c%20a%20signed%20OAuth%20request%21

と似ているのが理解できると思います。SLRequest を使わずに NSMutableURLRequest で実現したのが

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれているソース

TSSignedRequest.h
TSSignedRequest.m

の TSSignedRequest

- (void)performTSTwitterRequestMethod:(TSSignedRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TSTwitterRequestHandler)completion {

- (void)requestRawApi:(id)sender {

- (void)performTSTwitterRequestMethod:(TSSignedRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TSTwitterRequestHandler)completion {

です。SLRequest と似ているので注意してください。TSSignedRequest を通常使う必要はありません。Twitter API の動作を確認するために、実験的に作ってみただけです。SLRequest を使ってください。

SLRequest を使うだけなら、Reverse Auth が必要ないと思うかもしれません。以前は ACAccount *account から user_id を取り出すことができたのですが、現在、Reverse Auth を使って user_id を取り出すしか方法がありません。


Twitter API v1.1 を試すには、Mac App StoreTwitter、ターミナル上で curl を使う方法があります。

Mac 上で動作する本家 Twitter アプリは、Mac App Store にあります。

Twitter
http://appstore.com/mac/twitterinc/twitter

上記 URL をクリックすれば表示されます。

Twitter をクリックして実行し、メニュー/Twitter/環境設定... を選び、ツールバーから '開発者' を選択します。コンシュマーキー、アクセストークンを入力し、認証ボタンをクリックすると開発者メニューが有効になります。

試しに、メニュー/開発/コンソール を選び、ホームタイムラインを表示してみたのが下図です。

curl を使って試す方法は、まず、

Twitter Developers
https://dev.twitter.com/

にログインします。

REST API v1.1 Resources | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1

を開き、呼びたい REST Api をクリックします。ここでは、GET statuses/home_timeline にします。
右側、OAuth tool で 'Select one of your Apps' から自分のアプリケーションを選びます。その後、Generate OAuth signature ボタンをクリックします。

表示されたページの Request URI: が正しく設定されているか確かめます。 Request query: に設定したいパラメーターを入力します。ここでは、count=2 と入力します。

この後、ページの一番下の See Oauth signature for this request ボタンをクリックします。

表示されたページの OAuth Signing Results に cURL command と名前の項目があります。右横にパラメーターがセットされた curl コマンドが表示されています。それをコピーして、ターミナルにペーストし実行すれば、生の JSON データを取得することができます。