読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

PC-G850V、PC-G850VS 用 SDCC版 Minesweeper ver 1.0

SDCC - Small Device C Compiler
http://sdcc.sourceforge.net/

iPadiOS 4 に熱中している合間に Mac 上で動作する SDCC の C言語を使って、PC-G850V、PC-G850VS 用マインスイーパーを作成していました。何とか動作するようになったので、需要があるかどうかわかりませんが、下記ページで PC-G850V、PC-G850VS 用 SDCC版 Minesweeper ver 1.0 と自作のライブラリを公開します。(自作ライブラリの著作権は放棄しますので、良かったら自由に使ってください。)



PC-G850V
SDCC 版 Minesweeper ver 1.0
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/pcg850v.html


まるひろさんの PC-G850V エミュレータを使って、拙作 SDCC 版 Minesweeper ver 1.0 実行した動画を添付しておきます。 (動画の録画には、QuickTime Player バージョン 10.0 の '新規画面収録' を使用し、編集には iMovie '09 を利用しました。)

Version 0
http://www16.ocn.ne.jp/~ver0/index.html
http://ver0.sakura.ne.jp/

Linux/Windows/MacOSX用ソフトウェア
SHARP PC-G850/G815/E200エミュレータ g800 version 0.9.8
http://www16.ocn.ne.jp/~ver0/pc/index.html#g800
http://ver0.sakura.ne.jp/pc/index.html#g800

動画
http://youtube.com/watch?v=_Xf9NC514bo


公開されている SDCC 版 Minesweeper ver 1.0 はソースも含まれています。Makefile の書き方は

Pocket Game Library - INDEX
http://pocketgame.web.fc2.com/
Pocket Game Library - PC-G850 GAME
SDCC用ライブラリ + サンプルゲーム ギャラクシーウォール
http://pocketgame.web.fc2.com/game_g.html#g04

を参考にしました。


sdcc で -mz80 を指定するとライブラリ /Developer/sdcc/share/sdcc/lib/z80/z80.lib (Mac OS X 専用パス) をリンクします。z80.lib に含まれる関数は

/Developer/sdcc/share/sdcc/lib/src/z80 $ ls
README		divsigned.s	memmove.s	mulchar.s	stubs.s
crt0.s		divunsigned.s	mod.s		putchar.s
crt0_rle.s	fstubs.s	modsigned.s	shift.s
divmixed.s	heap.s		mul.s		strlen.s

/Developer/sdcc/share/sdcc/lib/src/z80/ (Mac OS X 専用パス) に関数名のファイルとして含まれています。

拙作 Minesweeper ver 1.0 を make で作成中にできる minesweeper.map を参照すればリンクされる関数名や関数の番地も分かるので PC-G850VS の機械語モニタでブレークポイント設定するのに便利です。


PC-G850VS の画面描画の仕組みについては

COSMO PATROL
http://orange.kakiko.com/cosmopatrol/
1ドットの誘惑
http://orange.kakiko.com/cosmopatrol/1dot/dot.html

で学びました。


IOCS について

SHARP PC-G850 解析資料
http://www.akiyan.com/pc-g850_technical_data

が参考になります。


Mineswepper ver 1.0 を作成中に乱数をどうやって発生させるのか、皆目見当も付かなかったのですが!たまたま、まるひろさんの

Version 0
http://www16.ocn.ne.jp/~ver0/index.html
http://ver0.sakura.ne.jp/

PC-G850/G815/E200用ソフトウェア
PC-G850用ライブラリ
http://www16.ocn.ne.jp/~ver0/g800/index.html#libg800
http://ver0.sakura.ne.jp/g800/index.html#libg800

PC-G850用ライブラリで 線形合同法を利用することを知り Wikipedia で調べました。

擬似乱数 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%91%E4%BC%BC%E4%B9%B1%E6%95%B0

Pseudorandomness - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Pseudorandom_numbers

List of random number generators - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_random_number_generators

下記ページが一番理解しやすいと思います。

 Linear congruential generator - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Linear_Congruential_Generators

こんな簡単な式

{X_{\fs{+1}n+1}  = (a{X_{\fs{+1}n} + c) \text { mod m}

で疑似乱数を発生できるのですね!

私の理解不足か、拙作 Minesweeper ver 1.0 の疑似乱数発生の周期が小さいような気がします。

SDCC - Snapshot Builds
Documentation
Full documentation, including HTML and PDF files; zip is for Windoze (docs)
http://sdcc.sourceforge.net/snap.php#Docs

sdccman.pdf

sdcc、sdasz80、sdcclib、packihx の使用方法やコマンドラインは、上記ページからダウンロードできる Zip ファイルに含まれる sdccman.pdf を参考にしました。

作成中のPC-G850用Cライブラリ - Tosikの雑記
http://d.hatena.ne.jp/tosik/20061023/1161551560

インラインアセンブラのサンプルとして上記ページも参考にしました。最近の SDCC では、文法が

誤) _asm  -> 正) __asm
誤) _endasm;  -> 正)  __endasm;

に変更されているので注意してください。


IOCS ルーチンを C とインラインアセンブラで作成する時に

sdcc -mz80 -c --opt-code-size -o iocs.rel iocs.c
iocs.c:22: warning 85: in function printchar unreferenced function argument : 'x'
iocs.c:22: warning 85: in function printchar unreferenced function argument : 'y'
iocs.c:22: warning 85: in function printchar unreferenced function argument : 'ascii'
iocs.c:45: warning 59: function 'inkey' must return value
iocs.c:45: warning 85: in function inkey unreferenced function argument : 'keycode'
iocs.c:59: warning 59: function 'inkeyWait' must return value
iocs.c:79: warning 85: in function vram unreferenced function argument : 'x'
iocs.c:79: warning 85: in function vram unreferenced function argument : 'y'
iocs.c:79: warning 85: in function vram unreferenced function argument : 'size'
iocs.c:79: warning 85: in function vram unreferenced function argument : 'address'

上のような警告が表示されます。関数の引数を参照しなかったり、返り値を宣言していないためです。
警告を防ぐため

/*=====================[ iocs.c ]=====================*/
#pragma disable_warning 59
#pragma disable_warning 85
/*================================================*/

と宣言しました。

~/Minesweeper/Sources $ make
sdasz80 -gl -o crt0.rel crt0.asm
sdcc -mz80 -c --opt-code-size -o minesweeper.rel minesweeper.c
sdasz80 -gl -o data.rel data.asm
sdcc -mz80 -c --opt-code-size -o iocs.rel iocs.c
sdcclib iocs.lib iocs.rel
sdcc -mz80 -c --opt-code-size -o library.rel library.c
sdcclib library.lib library.rel
sdcc -mz80 --code-loc 0x108 --data-loc 0 --no-std-crt0 -o minesweeper.ihx crt0.rel minesweeper.rel data.rel iocs.lib library.lib -L .
packihx minesweeper.ihx > minesweeper.hex
packihx: read 723 lines, wrote 523: OK.
~/Minesweeper/Sources $ 

上のようにうまくビルドすることができました。

BASICマインスイーパーと違って旗を立てたり、開いたセルに書かれている数字の数だけ、周りのセルに旗を立てて、数字の書かれたセルをスペースキーで押すと自動的に旗を立てていないセルを開くことができます。パソコン版のマインスイーパーでよくあるダブルクリック機能と同じ動作です。

SDCCの C コンパイラには、いろいろ苦労させられました。何とか動作できるものができました。


ブログとホームページ [ http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/pcg850v.html ] にアクセス解析を設置しているのですが、ブログを検索エンジンからキーワード 'PC-G850VS' などで訪れる人は、私が確認した限りすべて Windows ユーザーです。

PC-G850V
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/pcg850v.html

を訪れる人もほとんどが Windows ユーザーです。折角公開した PCG-LinkMac もあまり使われていないうようです。残念です。


私自身 VMware FusionWindows XPSHARP 製 'PC-Gリンク' で、インテルヘキサ形式ファイルの送信時にエラーが出るので '拙作 PCG-LinkMac' には重宝しています。


最近の Mac だと PCG-LinkMac が正しく動作するか心配ですが!

対処方法として ’アプリケーション PCG-LinkMac’ を右クリックして 'パッケージの内容を表示' を選び 'Contents/Resources/Japanese.lproj/' フォルダの 'Localizable.strings' ファイル

PCG-LinkMac.app/Contents/Resources/Japanese.lproj/Localizable.strings

"pcg_send_duration"="0.001";
"pcg_receive_duration" = "0.005";

上の値を変更すればうまくいくかもしれません。'Localizable.strings' ファイルの文字コードUTF-16 なので注意してください。