読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

Myst、Bento、VMware Fusion、Windows 7 RC、Ubuntu 9.04 日本語版、Android 1.5 SDK、YouTube キャプチャー動画公開

iTunesApp Store で公開されるアプリは iPhone OS 3.0 上で動作することが必須になったので、遅ればせながら iPhone SDK 3.0 beta 5 をインストールしました。問題なく動作しています。


iTunes 上のApp Store で、次の2つの iPhoneiPod touch 用アプリケーションを購入してみました。

Myst
カテゴリ/ゲーム
\700
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=311941991&mt=8

Bento
カテゴリ/仕事効率化
\600
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=314638461&mt=8


ずいぶん昔になりますが、Mystセガサターン(コンシューマ用ビデオゲーム機)で遊んだ記憶があります。エンディングを見たかは覚えていませんが、攻略本は確か購入したはずです。現在はなくしてしまいましたが!iPhoneiPod touch 版の Myst は 727 MB もあります。私の iPod touch は 32GB 版なので、容量的には問題はありません。日本語にはローカライズされていませんが、懐かしかったので購入してしまいました。本当によくできています。


私は試していませんが

How To Beat Myst on the iPhone in 5 Minutes | Mac|Life
http://www.maclife.com/article/howtos/how_beat_myst_5_minutes

で 5分でエンディングが見れるようです。


Bento はあまり使用していないので、判断しにくいですね。 Cover Flow のインターフェイスは面白いのですが、私が使った限り機能的には実用性に乏しいと思いました。


また Windows 7 RC 版が公開されました。

Windows 7 にようこそ
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/default.aspx


当たり前かもしれませんが、Mac OS X 上の Safari から Windows 7 RC版をダウンロードを試みましたが無理でした。VMware Fusion 上の Windows XP Professional から IE を使ってダウンロードしました。(Windows Live ID が必要でしたので MSN Hotmail アカウントを新規登録せず Gmail のメールアドレスを使って作成しました。)


VMware Fusion を使って Windows 7 RC 版 '仮想マシン' を作成するために

VMware: Team Fusion: Windows 7 on Mac with VMware Fusion: A Practical Guide Revisited
http://blogs.vmware.com/teamfusion/2009/05/windows-7-on-mac-with-vmware-fusion-a-practical-guide-revisited.html

上記ページを参考にしました。別に難しいところはありません。気をつけるところは

オペレーティング システム: Microsoft Windows
バージョン: Windows Vista (64版のときは Windows Vista x64 Edition)

と設定するぐらいです。何の問題もなくインストールできました。正常に動作しています。

VMware: Team Fusion: Windows 7 on Mac with VMware Fusion: A Practical Guide Revisited
http://blogs.vmware.com/teamfusion/2009/05/windows-7-on-mac-with-vmware-fusion-a-practical-guide-revisited.html

Stop Windows 7 From Suspending Itself Every 30 Minutes

は設定しておくべきです。実行画面を添付しておきます。


話は変わって

Ubuntu Desktop 日本語 Remix CDのダウンロード | Ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download

Ubuntu 9.04 日本語版が公開されたので 'BitTorrent プロトコル対応のファイル共有ソフト' Transmission を使ってダウンロードしました。また Android 1.5 SDK, Release 1も発表されていたので

Android 1.5 SDK, Release 1 | Android Developers
http://developer.android.com/sdk/1.5_r1/index.html

Ubuntu 9.04 日本語版に

Installing the Android SDK | Android Developers
http://developer.android.com/sdk/1.5_r1/installing.html

Android 1.5 SDK, Release 1 をインストールしてみました。AVD について詳しく述べられていないので

Developing In Eclipse, with ADT | Android Developers
http://developer.android.com/guide/developing/eclipse-adt.html
	Running Your Application
Android Virtual Devices | Android Developers
http://developer.android.com/guide/developing/tools/avd.html

を参考に作成しました。

簡単に言えば、アプリケーション '端末' 上で

android create avd -n my_android1.5 -t 2
android create avd -n my_android1.1 -t 1

を実行しただけです。

また、Hello, Android: Introducing Google's Mobile Development Platform

のサンプルをビルドする方法を記載しておきます。Hello, Android 本は

日本語訳も発売されているようです。

Upgrading the SDK | Android Developers
http://developer.android.com/sdk/1.5_r1/upgrading.html#UpdateYourProjects
	Update Your Projects

上記資料が参考になります。


まず最初に、Eclipse のメニュー 'File/Import...’ を選び

'General' タブの 'Existing Projects into Workspace' を選択し、Next ボタンを押します。

ウインドウが開いたら 'Select root directory' の 'Browse...' ボタンを押し、読み込みたいプロジェクトのフォルダを指定します。(ここではサンプル OpenGL で説明します。)

'Copy projects into workspace' にチェックを入れ、'Finish' ボタンを押します。これでプロジェクトが読み込まれます。このままではエラーが出て Run できません。そこで次の設定を行ってください。

エラー:
Android requires .class compatibilitiy set to 5.0. Please fix project properties.

というエラーが出るので、プロジェクト名 OpenGL を右クリック、メニュー 'Properties/Java Compiler' を選び、

'Enable project specific settings' にチェックを入れます。(これで正しいのか自信はありません) 'Apply' ボタンを押し適用した後、

エラー:
Project has no target set. Edit the project properties to set one.

のエラーを取り除くため、'Android' を選択し (プロジェクト名 OpenGL を右クリック、メニュー 'Properties/Android')、'Project Build target' の 'Target Name' を選択します。通常 'Android 1.5' にチェックを入れます。'Apply' ボタンを押して適用し、OK ボタンを押します。

エラー:
The type R is already defined             R.java

上のエラーは ファイル R.java が重複して存在するためです。Project Explorer 上の OpenGL で ファイル 'gen/org.example.opengl/R.java' を確認した後、ファイル src/org.example.opengl/R.java を右クリックして Delete を選び、削除してください。

警告:
WARNING: Application does not specify an API level requirement !

と警告が出るので 'AndroidManifest.xml' に設定を追加する必要があります。

Android 1.5 Version Notes | Android Developers
http://developer.android.com/sdk/android-1.5.html

を参考に Project Exploer 上で ファイル 'AndroidManifest.xml' をダブルクリックし、表示されたソースの右下部分 'AndroidManifest.xml' タブをマウスで選択し 'Sdk version' を次のように指定します。


  ...
  
  ...


Eclipse のメニュー 'File/Save' を選択し、ファイル 'AndroidManifest.xml' を保存してください。後は、プロジェクト名 OpenGL を右クリック、メニュー 'Run As/Android Application' を選択すれば動作を確認できます。


Linux デスクトップ上の操作を録画できる動画キャプチャーソフト 'XVidCap Screen Capture' 、Mac の動画変換ソフト '携帯動画変換ちゃん'、'iMovie' を使ってデスクトップを録画、編集し、YouTube に投稿してみました。添付しておきます。