読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

メモリ増設

3月17日に iPhone OS 3.0 が発表されましたね!私自身、iPhone SDK 2.2.1 環境が必要なので、iPhone OS 3.0 beta はダウンロードしましたが 、インストールはしていません。

iPhone Dev Center - Apple Developer Connection
http://developer.apple.com/iphone/index.action


また

TOEIC テスト 英単語・熟語 マスタリー 2000
カテゴリ/教育
\900
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=305620660&mt=8

神の雫 第1巻
カテゴリ/電子書籍
\450
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=301761549&mt=8

を購入してみました。

'神の雫' はいろいろなところで紹介されていましたし、ドラマ化されるぐらい有名です。私自身、ワインについての知識はありませんが、十分楽しめました。携帯向けに作り直しているのではなく、コミックの画像をそのまま表示してるだけですが、コミック1巻丸ごと入っているので、リーズナブルです。拡大したまま次のページに移動できないのは残念ですが、iPod touch を横向きにして読みました。ぜひ続きを読みたいですね。


話は変わりますが、VMWare Fusion で Windows XP Professional を起動したまま Mac OS X 上の Safari で 20個ぐらいタブを開くと突然反応が鈍くなります。私の使用している機種は iMac 24インチ 2.4GHz Intel Core 2 Duo でメモリは 2GB です。

/アプリケーション/ユーティリティ/アクティビティモニタ.app を起動して、メニュー 'ウインドウ/アクティビティモニタ'を開き、ウインドウ下にある 'システムメモリ' タブを選択するとメモリの使用状況が確認できます。下図は VMware Fusion を起動していない普段の状態です。


アクティビティモニタ.app のヘルプと

Memory Usage Performance Guidelines: Introduction to Memory Usage Performance Guidelines
http://developer.apple.com/documentation/Performance/Conceptual/ManagingMemory/ManagingMemory.html#//apple_ref/doc/uid/10000160

で用語を確認すると上図の VMWare Fusion を起動していない状況でも、ページアウト(物理メモリからディスクにデータを移動) が 214.90MB 発生しています。スワップ使用領域(ディスク上に確保された仮想メモリの使用領域)も 391.33 MB あります。メインメモリが 2GB あれば十分だと思っていたのですが、足りないようです。それでメモリを増設することにしました。

アップル - サポート
http://www.apple.com/jp/support/

iMac の識別方法
http://support.apple.com/kb/HT1463?viewlocale=ja_JP

iMac を識別しようと思ったのですが、表で示された '箱のマーケティング番号' に 'Z0E40026H' がないので 'EMC 番号' で判断しました。結果は

EMC 番号: 2134
iMac (24-inch Mid 2007) MA878XX/A XX=JP

です。

iMac に付属した取扱説明書 (Everything Mac、Mac のすべて) に書いてあるように iMac には 2基のメモリスロットがあり、最大 4GB まで増設できます。

Memory Usage Performance Guidelines: Introduction to Memory Usage Performance Guidelines
http://developer.apple.com/documentation/Performance/Conceptual/ManagingMemory/ManagingMemory.html#//apple_ref/doc/uid/10000160

Mac OS X の性能としては、上の資料より 32-bit プロセスで 4 ギガバイト、64-bit プロセスでおおよそ 18 エクサバイトのようです。
一通り読んでみたのですが、MallocDebug はガベージコレクションを使ったものには対応していないようですし、ObjectAlloc は Instruments に含まれているようです。

私の場合には 各々のスロットに 1GB のメモリが差し込まれていました。それで 2GB のメモリを2枚買うことにしました。


Apple Store で確認すると 2.0 GB で 10,080 円します。

秋葉館オンラインショップ | Mac本体、Mac専用メモリ/HDD/パーツ、オリジナル外付けハードディスク、その他周辺機器を扱うMac専門ショップ。
http://www.akibakan.com/

秋葉館では 2GB が2枚で 5580 円で買えます。(選択によってはまだ安くなります。)

DDR2 SDRAM PC2-5300 2GB(2048MB) SO-DIMM SAMSUNG純正 [200-2048MS5300 AS]
単品 \ 2,790 x 2個 = \ 5,580

早速注文しました。


iMac に付属した取扱説明書 (Everything Mac、Mac のすべて) を参考にメモリを取り付けました。スロットにメモリモジュールを強く押し込む必要がありました。

ちゃんとメモリが 4GB と認識しました。VMWare Fusion で Windows XP Professional を起動し、/アプリケーション/ユーティリティ/アクティビティモニタ.app で確認すると

ようになりました。ページアウト、スワップ使用領域のどちらも 0 MB で、同時に Safari を実行しても動作が鈍くなることもありません。


Windows XP Professional で一度は試したかった X68000エミュレータ を遅ればせながらインストールしてみました。エミュレータには XM6、WinX68k高速版などがありますが、今回は XM6 を使用することにしました。フォントデータは WinX68k高速版で作成し、ROMやソフトウェアなどは

X68000 LIBRARY
http://retropc.net/x68000/

からダウンロードしました。最初は軽く触れるつもりでいたのですが、mint、MicroEmacs などをインストールすると熱中してしまい、GCC環境まで作ってしまいました。随分昔になるので記憶は曖昧ですが、私の実機での環境では SX-WINDOW 上の make はメモリ不足でできなかったと思います。エミュレータ環境なのでメモリも最大にしました。SX-WINDOW 上で make が余裕でできるのは感慨深いものがあります。

エミュレータのハードディスク上へのファイル移動は、シャープが公開しているディスクイメージの中身を空にして

DiskExplorer
http://hp.vector.co.jp/authors/VA013937/editdisk/index.html

でファイルをディスクイメージ上にコピーし XM6 で読み込みました。


最初に LZHアーカイブ高速展開プログラム lx.r の圧縮ファイルを Windows 上で展開し、 実行ファイル lx.r を DiskExplorer でディスクイメージにコピーし XM6 上に移動させれば、ディスイメージに LZH ファイルをコピーして、XM6 上の X68000 で展開させることができます。WinX68k高速版 にはもっと便利な機能があるようですが!

SX-WINDOW でマウスを利用するには Mac OS X で割り当てられているファンクションキー機能を無効にする必要があるので、システム環境設定の 'キ−ボートとマウス' の 'キーボート'タブを選び、'F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用' にチェックを入れました。当たり前ですが X68000 上での make の時間が速くなるわけではないんですね!





話は脱線しましたが、本当の目的は Ubuntu 上での Android です。ちょっと試してみたかっただけで、本格的に取り組むつもりはないのですが!