読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

第2世代 iPod touch 32GB

購入 感想

注文していた第2世代 iPod touch 32GB が、2008/10/11(Sat) に到着しました。

あらかじめダウンロードしておいた無料アプリケーションとネットで調べておいた良さそうな有料アプリケーション、下記の5つを購入して iPod touch 32GB と同期しました。

ウィズダム英和・和英辞典
カテゴリ/レファレンス
\2800
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=284350526&mt=8

i英辞郎
カテゴリ/レファレンス
\1000
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=291232656&mt=8

MobileStudio
カテゴリ/仕事効率化
\230
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=286746714&mt=8

Air Sharing
カテゴリ/仕事効率化
\800
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=289943355&mt=8

駅探エクスプレス(乗り換え案内)
カテゴリ/旅行
\350
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=290730714&mt=8


私にとっては、英和・和英辞書は、i英辞郎で十分です。例文・略語にも対応しています。発音には対応していませんが、動作速度は快適です。ウィズダム英和・和英辞典 は、発音を聞くことができます。


iMaciPod touch とのファイルの送受信用に、MobileStudio、Air Sharing を購入してみました。
基本的に iPod touch のアプリケーション、例えば MobileStudio で受信したファイルは、Air Sharing などの他のアプリケーションでアクセスできません。それぞれ MobileStudio、Air Sharing アプリケーションごとに画像表示、PDF表示、テキスト編集、音声再生などの機能が必要になります。


MobileStudio、Air Sharing 両方ともファイルの送受信は正しく動作しました。


MobileStudio で iMac から PDF書類を転送後、PDF書類を閲覧中に iPod touch がフリーズして動作しなくなりました。Sleep/Wake ボタンと Home ボタンを同時に押してリセットしました。Air Sharing の方が安定しているようです。


また Safari でロードが終了しても Network activity Indicator が回転し続けるようになってしまいました。いろいろ試してのですが、結局、Sleep/Wake ボタンを長押しし、電源を落として、再起動すると症状は出なくなりました。


拙作 2ch Script version 0.2 [ http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/tiger.html#2cs02 ] を試してみました。以前は Firefox 上でしか正しく動作しなかったのですが、Safari で問題なく動作します。そこで 2ch Script version 0.2 の Web共有 を使って iPod touchSafari でスレッドを閲覧してみました。見づらいですね。そこで iPhone 用に修正してみました。


基本的な仕組みは、有名な iPhone 用の Web アプリケーション 2ch ブラウザを参考にしました。ただし、iPhone でしか閲覧できないようになっています。


私は OmniWeb を所有しています。ツールバーの 'サイト環境設定' ボタンを押し、表示されたウインドウのタブ '〜の環境設定'/'その他' の 'サーバーなどに認識させる自称名:' で 'iPhone Safari 3.1.1 (v525.20)' を選択して、ページを再読み込みすると正しく表示されました。

追記. 2008/10/29) Safari でも メニュー 'Safari/環境設定' から詳細タブを選び、'メニューバーに"開発"メニューを表示' にチェックを入れると、OmniWeb のように、メニュー '開発/ユーザーエージェント' で 'Mobile Safari 1.1.3 iPhone' / 'Mobile Safari 1.1.3 iPod touch' を設定できます。



後は HTML、CSS のソースを表示して参考にしました。下記は私が書いたソースの一部分です。

------------ dat_html.js ------------
function init() {
    if (navigator.userAgent.toLowerCase().indexOf('iphone') == -1) {
        dirname = "dat_html.css";
    } else {
        dirname = "iPhone_dat_html.css"; 
        document.write("<meta name='viewport' content='width=320px, user-scalable=no' />")
 }
    sheet = "<link rel='stylesheet' type='text/css' href='./" + dirname + "'>";
    document.write(sheet);
}
-------------------------------------
-----  iPhone_dat_html.css -----
html {
  word-break: break-all;
   font-size:13px;
}

div.header {
  padding: 5px;
  margin-top: 15px;
  background: #cccccc;
  border: 1px solid  #999999;
}

div.res {
  padding: 5px;
  margin-top: 5px;
  margin-left: 5px;
  margin-bottom: 20px;
}
-------------------------------------


ただし、viewport などについての詳細は

Apple Developer Connection - Web Apps Dev Center
http://developer.apple.com/webapps/

で学びました。

また、HTML、DOM、JavaScript

Main Page - MDC
https://developer.mozilla.org/En

を参考にしました。


まだ、表示できるだけで、ドキュメントも書いていないので公開は先になりそうです。時間もなかなか取れないので!(ただし 2ch Script version 0.2 [ http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/tiger.html#2cs02 ] を利用している人がいるとは思いませんが!)


最後に iPod touchSafari で閲覧している画像を付けておきます。