読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOYAMA Yoshiaki のブログ

プログラミングについての試行錯誤をつらつら書き溜めていきます。

読み物 mac

【コラム】OS X ハッキング! 第219回 噂の「Apollo」でSafariを発見 (MYCOMジャーナル)

Apolloのランタイムは、OS Xの場合/Library/Frameworksに「Adobe Apollo.framework」としてインストールされる。その内部にはさらにいくつかのフレームワークが配置され、その名も「ApolloWebKit.framework」に「WebCore.framework」、そして「JavaScriptCore.framework」。WebCore.frameworkに含まれるInfo.Plistを調べると、CFBundleIdentifierに「com.apple.WebCire」、CFBundleGetInfoStringに「Apple Computer, Inc.」とあることから、Safariと同じWebCoreの技術が利用されていることは確実だ。

一方のWindowsだが、Program Files?Common Files?Adobe Apolloフォルダ以下の内容を調べたところ、ApolloWebKit.dllなるライブラリを発見。マルチプラットフォーム対応をうたうApolloのこと、コードベースが同じことは予想通りだが、Windows版Safariは未発表 -- コミュニティベースのSwiftはあるが -- ということを考えると興味深い。こちらのUser Agentも、Windowsである点を除けばOS Xと同じ(AppleWebKit/420+、Safari/419.3)。User AgentがSafariすなわちMacユーザという図式は、Apolloの登場で変わるかも?


Windows 上で WebKit が利用されているのは興味深いですね!